沖縄トロピカルフルーツ三昧の旅

沖縄トロピカルフルーツ三昧の旅

沖縄の気候は本州よりも気温が高く、東南アジアで良く食べられているフルーツが栽培されています。バナナやパイナップルはもちろんのこと、マンゴーやスターフルーツなど様々な種類の果物の生育が良く、甘くおいしい果物が収穫されます。沖縄各地でフルーツは味わえるのですが、名護市にある沖縄フルーツらんどでは、フルーツだけではなく、蝶や鳥などの自然の生物を楽しむことができます。

楽しめるフルーツの種類

沖縄フルーツらんどは3つのゾーンに分かれていて、フルーツゾーン、蝶ゾーン、バードゾーンがあります。フルーツゾーンではマンゴーやパパイヤはもちろんのこと、パッションフルーツやキウイなどが実っている木を見ることができます。ただ見るだけではなくて、ショッピングゾーンでお買い物もできます。また、フルーツカフェにはアイスクリームやソフトクリームを味わえるのはもちろんのこと、レストランでもトロピカルフルーツを使用したスイーツを楽しめます。

フルーツだけではないスイーツ

沖縄の名産品の中には、黒糖があります。黒糖はスイーツに使用するとまろやかな優しい味で、フルーツともよく合います。黒糖は自宅でも料理などに使いたいものです。ショッピングゾーンで販売もしており、自宅に持ち帰ることができます。もし買い忘れてしまった、という時もオンラインショップで販売していますので、慌てなくても大丈夫です。そしてフルーツカフェでは東南アジアのスイーツのチェーも楽しめ、まるで海外旅行をしているようです。

ナゴパイナップルパークの隣というロケーション

沖縄フルーツらんどはナゴパイナップルパークの隣に位置しています。ナゴパイナップルパークはパイナップルの試食や試飲ができます。パイナップル号で行くパーク内での亜熱帯の森やパイナップル畑の散策は雨の日でも大丈夫で、子供も大人も楽しめます。沖縄フルーツらんどとナゴパイナップルパークのテーマパークをはしごする、というプランも楽しそうですね。移動には空港からのレンタカーが便利です。

関連する記事